YUKO HIRANO
平野 裕子

2018年入社
システムエンジニア
BASISクリエーションユニティ事業部

社員と上司の距離が近いから安心して現場で働ける! エンジニアが感じるKMKの社風

顧客へのITサービスの提供から自社グループの新規事業開発まで幅広く手掛ける株式会社KMKワールド(以下、KMK)において、エンジニアの働き方は多種多様です。 その中でも今回は、汎用機の開発を数多く手掛けている、ベテラン金融エンジニアの平野さんにインタビューを実施。平野さんが金融エンジニアとして会社にどのようなことを期待しているのか、そして数多くのSIerを経験した平野さんだからこそ感じる、KMKならではの特徴や魅力について伺いました。

仕事上で何かあったときも、相談すればしっかり対応してくれると感じた

―最初に、平野さんのご経歴について簡単に教えてください。

私は大学卒業後に大手SIerに入社しました。最初に手掛けたのは今のキャリアにつながる金融機関のプロジェクトで、詳細設計からリリースまで、開発の一連のプロセスを経験しました。
幸いなことに同じプロジェクトに5年以上携われたことで金融業界や業務に関する知見が蓄積されてきたため、今後は金融業界の中でも別の分野に挑戦してみたいと考えました。
しかし当時は環境的に別のプロジェクトへの移動が難しく、また給与面でもなかなか融通がききづらかったことから、思い切って転職を決意しました。KMKに出会う以前に2社ほど経て、金融系でも損害保険などの分野のプロジェクトに参画しました。
ただ当時在籍していた会社は業界全体の風潮もあって、「プロジェクトにアサインされるだけで、今のプロジェクトの状況で自分が置かれている立場や、今後のキャリアについて会社にはあまり相談ができない」といった状況が続いてしまって転職を考えるようになりました。
今後金融エンジニアとしてキャリアを伸ばしていくべきか、それとも思い切って別の業種に挑戦してみようか、とも考えていたんです。それでもあと1社見てみようと決めたときに紹介してもらったのが、KMKでした。

―KMKに入社した決め手はなんだったのでしょうか?MKに入社した決め手はなんだったのでしょうか?

何かあれば強力にバックアップしてくれる頼れる会社だと思えたのが、入社を決めた一番大きな理由です。
KMKの中では「エンジニアファースト」と呼んでいますが、自分のキャリアを上長と一緒になってしっかり考え、それを元にプロジェクトを選択する文化があり、プロジェクトが自分に合わなかったり、何かほかに自分がやりたい分野が出てきたりするなど、仕事に関する要望が出てきたときに、その都度気軽にきちんと相談できそうな雰囲気がありました。
実際入社後も月に一度は必ず1on1ミーティングをやり、その場で今のプロジェクトの状況や、自分の定めたキャリアビジョンに有益な場とリアルになっているか、労働環境に問題はないか、など詳細に話す場があります。そこで問題があると上長が判断した場合は、スピード感を持って会社が動くというように、安心感を持って働ける環境がありました。また、採用プロセスでは上司になる方と面談をさせていただいたのですが、フランクに個人的な話まで聞いてくれたのが印象的で、KMKでお世話になろうと思いました。

悩みに耳を傾け、柔軟な形でプロジェクトにアサインしてもらえる

―KMKに入社されてからは、どのような業務に携わっていますか?

入社して最初は、金融系でもやはり保険分野です。前職でも保険業界に携わっていたので、まずはそこから始めることにしました。損害保険会社の開発プロジェクトに参画しました。中型の汎用機を扱う案件で、詳細設計から総合テストまで担当しました。その次に選んだのは都市銀行の統合開発プロジェクトです。このプロジェクトではシステムが完成し、初めてリリースまで立ち会いまでを経験しました。その後は地方銀行のシステム移行プロジェクトを経て、現在は物流システムの保守と業務サポートの案件に参画しており、一貫して金融エンジニアとしての道を歩んでいます。


―実際にKMKで働いてみていかがですか?

私は金融系の中でも、テクニカルな部分で言えば特に、メインが汎用機という分野を得意としていますので、ある意味レガシーな分野になりますし今となっては逆にニッチな分野でもありますので、そこをあえて追求しているところもありますが、汎用機を前提としていますので、どうしても銀行は元より顧客企業に常駐する形を採ることになります。そのため同じプロジェクトにアサインされるメンバーは少ない状態です。そのため、入社時に不安は払拭されたものの、前職のように会社とのつながりが希薄になる可能性もゼロではないとだろうなと思っていました。
しかし実際には必ず毎月部長やマネージャーとの1on1ミーティングがあり、気軽に会話をする機会を得られています。業務上の悩みにもきちんと耳を傾けてくれますし、状況を見ながらアサインしているプロジェクトを柔軟に変更してくれるのもうれしいです。何かあれば頼れるので、とても安心して働けています。
とはいえ、実際のところ常駐という働き方は、色んなプロジェクトを経験して短期間でいろんなスキルを身に付けたい人だったり、新しい環境にすぐ馴染むことができ一人で働けるようなタイプの人にこそマッチするのだろうと思います。一方私は、立ち回りが上手いほうではありませんし、技術面もまだまだ勉強中です。そんな自分が社外の現場に一人で働くためには、やはり会社がいつでもきちんと話を聞いてくれることやバックアップをしてくれるという要素はすごく大きいんです。


―平野さんから見て、KMKの特徴はどんなところだと思いますか?

やはり社員と上司の距離が近く、相談がしやすく、何かアクションが必要ななれば迅速に柔軟な対応をしてもらえることですね。先ほども軽く触れましたが、これはプロジェクトのアサインについても同様です。
企業というものは会社ごとに手掛ける案件の方向性があるもので、KMKで私が属しているエンジニアリング事業はどの開発もオープン系やWeb系といったシステム開発が多いです。私が得意とするのはレガシー系である汎用機なので全く系統は違うのですが、レガシー系だからといって「駄目」と言われることもなく、レガシー系であっても多くのプロジェクトがありマッチする案件にしっかりアサインしてくれました。
もちろんオープン系やWeb系、その他トレンドのテクノロジーにチャレンジしたい意向があれば、すぐにスキルチェンジに向けた対応をしてもらえます。さまざまな技術を習得したい方にとっては、非常に良い環境なのではないでしょうか。実際、もともとは汎用機経験者で、Web系やオープン系に挑戦しキャリアチェンジした人もいますよ。

サークル活動などを通した社員同士の交流が活発

―社員と上司の距離が近いということですが、社員同士の交流はいかがですか?

社員同士の交流機会も非常に多いですね。特にサークル活動が盛んで、スポーツ、街歩き、音楽……サークル内容は把握しきれないほどです。自分が参加していないサークルからも、よく「誰でも参加OK」という形で催しの通知が来ます。自分から情報を取りにいかなくても積極的にお知らせされるので、気が向いたときに行ってみよう、という気持ちになります。今は時流柄頻繁ではありませんが、飲み会の席では誰でも親しく気軽に話せる雰囲気があり、全く緊張しませんね。上司も社員も、フランクさがKMKの魅力だと思います。

―カルチャー面についても簡単に特徴を教えてください。

先ほどからお伝えしている「エンジニアファースト」とは違う面でいうと、資格の取得に積極的ななところですね。資格を取ったら全社会で社長が表彰し、受験費用はもちろん、インセンティブももらえます。目に見える形できちんと評価してもらえるのは単純にうれしく、目標も作りやすいですよね。毎年資格取得を目標にしている人もよく見かけます。特に新卒は毎年いくつも資格を取得しており、多い人で一年に6つも資格を取ったりしています。勉強が好きで、自分のスキルアップに努める人が多いのかもしれません。

リーダーやマネージャーを目指したい人には最適な環境

―最後に、どんな方がKMKに向いていると思いますか?

私自身にはリーダーやマネージャーになりたい志向はないのですが、KMKは本人のやる気次第でいろいろなことに挑戦できる会社なので、マネジメント職を目指したい人にとっては非常に良い環境だと思います。実際に私よりも年下の20代のマネージャーもいます。また「事業立ち上げ制度」があり、事業経営をしたい人は手を上げ事業計画が採用されればすぐに経営に参画できるというものがあります。会社の事業経営や管理職はもちろん、プロジェクトでのPM、PLもやる気があればどんどん抜擢する文化があり、年齢すらも関係なく新しいことにチャレンジできるのはKMKの特質であり、私が好きなところですね。